文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス
アクセス

博士課程紹介

博士前期課程

これまで言語社会専攻の中にあった「日本語・日本文化実践コース」と「日本語・日本文化専修コース」は、平成24年4月に、言語社会専攻から「日本語・日本文化専攻」が独立したことに伴い、この専攻の中に位置付けられることになった。入試タイプの違いから実践コース(日本人学生と留学生)と専修コース(留学生のみ)に分かれているが、教育プログラムとしては完全に一体化し、日本人学生と留学生が切磋琢磨し共に学ぶ環境が整備されている。学生は、専門に応じて「日本語学・言語学系域」「日本語教育学系域」「日本文化学系域」のいずれかの科目群を中心に履修するが、一つの分野に偏ることなく複数分野の専門知識や技能を習得できるよう、他の系域科目も4単位以上履修することが求められている。いずれのコースも、日本語・日本文化を世界に向かって発信する高度の能力を備えた人材の養成を目的とする。そのために、海外の協定校と連携して実地で日本語教育を行う機会も設けており、修了生は、日本語教員、日本語・日本文化研究者として世界各地で活躍している。

博士後期課程

日本語・日本文化専攻は以下に掲げる人材を養成します。①他の言語・文化との比較対照的視座を有し、学際的な日本語・日本文化研究を行う日本研究者、②高等教育レベルの留学生に対し日本語・日本文化を教授し、当該分野に関する高度な知識と深い教養を兼ね備えた教員、③日本語・日本文化の発信のために必要な企画・立案・交渉・運営等の実践能力を備えた国際性豊かで自立した高度専門職業人。この実現のために博士後期課程において以下の合計46の授業科目を専攻科目として開設します。
8種類の「日本語学特別研究AB」(Aは第1期、Bは第2期。以下同様)、3種類の「日本語教育学特別研究AB」、3種類の「対照言語学特別研究AB」、2種類の「日本文学特別研究AB」、2種類の「比較思想特別研究AB」、「比較文化学特別研究AB」「日本歴史学特別研究AB」「比較経済特別研究AB」各1種類。

copyright © Studies in Japanese Language and Culture,Graduate School of Language and Culture Osaka University. All rights reserved.