文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス
アクセス

言語社会専攻及び日本語・日本文化専攻 学生相談

   大学院言語文化研究科言語社会専攻および日本語・日本文化専攻では、各指導教員が修学上の相談に応じるほか、箕面事務室(教務系)でも対応しています。さらに、指導教員や事務室等に相談するのに躊躇されることがらについては、学生支援委員会の下に設置された「なんでも相談室」で相談を受け付けることになっています。

   「なんでも相談室」への相談を希望される場合、「相談時間」を参照のうえ、A棟1階南端の「なんでも相談受付室」に直接お出で下さい。「相談時間」については、予約することも可能です。相談の予約あるいは「相談時間」外の臨時相談を希望される場合は、その曜日・時限(第3希望まで可)を明確に記して「なんでも相談室」宛てにメールをお送り下さい(メールアドレスは下記を参照)。箕面事務室の学生支援係でも予約が可能です。なお、メールはあくまでも「相談時間」の予約のためのものであり、具体的な相談内容を書いても回答はいたしません。また、相談室では必ず2名の室員で相談に対応することになっています。そのため、「相談時間」外の臨時相談を申し込まれた場合は、室員の日時調整の関係上、お返事に時間を必要とする場合があることを予めご理解下さい。

 


■なんでも相談室専用メールアドレス

  soudan[@]sfs.osaka-u.ac.jp ([@]を@に書き換えて下さい。)

■相談にあたっては、以下の点にご留意下さい。

・上記アドレスは学生相談専用です。それ以外のご利用はお控え下さい。
・Eメールには必ず氏名、学生番号、学年を明記して下さい。
・相談内容あるいは諸般の事情により、返信までに時間がかかる場合がありますので、予めご了承願います。
※ハラスメント関係については、キャンパス・ハラスメント追放宣言をご覧下さい。 
copyright © Studies in Language and Society,Graduate School of Language and Culture Osaka University. All rights reserved.