文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス
アクセス

[2018.1.15]タイ王国・マヒドン大学教養学部とのダブルディグリープログラム協定調印式

 平成30年1月12日(金)にタイ王国のマヒドン大学ご一行が言語文化研究科とのダブルディグリープログラム協定調印式のために訪問されました。
 本学からは木村言語文化研究科長、岡田筆頭副研究科長、真嶋日本語・日本文化専攻長、岩井日本語日本文化教育センター長、加藤日本語日本文化副センター長、タイ語の宮本教授が、マヒドン大学からはタナユス・タナチット教養学部長、ソンシー・ソラナスタポーン教養学部副学部長、ナッタポーン・チャンヨー教養学部長代理、タンポーン・トラカーンタロンサック日本語講師及びアンドリュー・グレッドヒル英語講師が出席し、学術交流並びにダブルディグリープログラムについて会談され、さらなる連携の重要性を確認し、調印を行いました。この協定をきっかけに教育及び学生による相互交流の促進が期待されます。

copyright © Studies in Language and Society,Graduate School of Language and Culture Osaka University. All rights reserved.