文字サイズ
小 中 大
English 中・文
情報公開 アクセス

言語文化研究科長からのご挨拶

s-kimura.jpg
言語文化研究科長 言語文化専攻長 木村 茂雄

 大阪大学大学院言語文化研究科は、昭和49年(1974年)に設置された大阪大学言語文化部を基盤として、平成元年(1989年)4月、この分野で全国初めての大学院独立研究科として発足しました。その後、平成17年(2005年)4月には、言語文化部を解消し、その教員全員を言語文化研究科に所属させる大規模な再編拡充を実現しました。さらに平成19年(2007年)10月、大阪大学と大阪外国語大学との統合にともない、それまでの豊中キャンパスの言語文化研究科は「言語文化専攻」としてふたたび講座再編を行うとともに、箕面キャンパスに、旧大阪外国語大学の言語社会研究科の流れを汲む「言語社会専攻」を設置しました。この時、旧大阪外国語大学の50余名の教員は大学統合時に箕面キャンパスに設置された世界言語研究センターの所属となりましたが、平成24年(2012年)4月には、同センターを言語文化研究科に統合しました。そして、言語社会専攻を再編拡充するとともに「日本語・日本文化専攻」を新設し、3専攻からなる現在の体制を整えました。
 また、この組織統合により、本研究科と外国語学部との関係がより明確になり、外国語学部の教育や運営を行う幹事研究科としての本研究科の位置づけが確立されました。以上のように本研究科は、発足してから四半世紀の間の時代の流れに応じて、その教育研究及び運営の体制を大きく充実させてきました。
 グローバル化や情報化が進展する今日、政治・経済・文化から最先端の科学技術にいたる領域において、世界の諸地域・諸民族の相互理解を成り立たせるためには、国際社会を構成する諸地域・諸民族の言語や文化を正しく理解し、尊重することが求められます。また、そのためには、お互いの言語や文化の差異を越えたコミュニケーションを成立させるための言語能力、文化への深い洞察力、そしてそれらの知見を多様な情報手段によって発信する技術を身につけなければなりません。本研究科は、このような現代社会の要請に即応した教育研究の体系を築きあげること、そして、そのような教育研究の体制により、国際社会の未来を構想していくことのできる人材を育成することを目指しています。
 現在の言語文化研究科は、平成24年の組織統合を機に、さらに幅広い教育研究を開発・展開し、学界と社会からの多様な要請に応えようとしています。言語社会専攻が日本語を含む25言語を軸に世界諸地域の言語文化に関する教育研究を進める一方、言語文化専攻は、より超域的で理論的な観点から言語文化学の本質を追求しています。日本語・日本文化専攻では、国際的な視野から日本語と日本文化を研究し、その知見を世界に発信し得る人材の育成に力を注いでいます。
 ただし、本研究科の力を100パーセント発揮するためには、これからも数多くの課題を乗り越えなければならないことでしょう。三つの専攻が豊中キャンパスと箕面キャンパスに分かれているため、専攻間の連携が図りにくいこと、またそれ以上に、研究科教員が一体となって外国語学部教育に携わる体制を作り上げるのが難しいこともその一つです。しかし、そのような制約のあるなかでも、言語文化研究科は、3専攻の教員と院生の切磋琢磨や外国語学部との連携強化の努力により、また、全学の協力や学内外のご理解やご支援を賜りつつ、さらなる発展を遂げるために努力していく所存です。

平成27年4月
copyright © Graduate School of Language and Culture / School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.